Rathausmarkt Open Air 2019

ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団

昨年、ドイツのハンブルクで開催されたRathausmarkt Open Airで成功を収めた総合音楽監督のケント・ナガノとハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団は、2019年8月31日に新しい試みとしてクラシック音楽イベントを開催しました。
約1万人の来場者が ヨハネスブラームスの交響曲第1番ハ短調作品68 第1楽章や、ジョージ・ガーシュウィンのヒット曲「Someone to watch over me」、「I got rhythm」、「Summertime」、「Rhapsody in Blue」などを楽しみました。

ステージ上の生のサウンドと拡声したサウンドが混在する複雑なコンセプトを解決するため、ミュンヘンのFarao Studios社は、今年のイベントで初めてAlcons Audioの高解像度プロリボンサウンドシステムを導入しました。

「スタジオでは、同様の原理で動作するスピーカーを使用しています。 Rathausmarkt Open AirでAlconsと仕事をする機会が生まれたとき、私たちは非常に興味がありました」
共同創立者Farao ClassicsのFelix Gargerle

この独自の音響コンセプトの起源について尋ねると、Farao Studiosと一緒にFarao Classicsの共同設立者であり、Bayerische StaatsoperのヴァイオリニストでもあるFelix Gargerleが答えます。
「私たちFaraoは、技術的な方向からではなく、主に音楽的および芸術的な方向から音の補強にアプローチします。 私はバイエルン国立歌劇場で一緒だったケント・ナガノを知っています。 2014年には、ケント・ナガノとともにアウディの”Vorsprung Festival”を開催しました。 この機会に、私たちはクラシックサウンドの新しいコンセプトを開発しました。これは主に、屋外で大勢の視聴者に自然な再生を実現する方法の問題に向けられています。 」

ステージ上でコンサートホールの音響

LR28 array

そして、このコンセプトは、今年ハンブルク市庁舎広場の現場に経験豊富なFarao Studiosチームによってもたらされました。
ここでは単に音を拡声するだけでなく、まずステージで制御された音響条件を作成し、ミュージシャンがコンサートホールで慣れている方法で演奏できるようにしました。 ステージ上で作成された音響は、音響反射板などのシステムと収音用マイクによって記録され、スピーカーを介して聴衆に送信される必要があります。

そこで、Alconsの実証済みのプロリボンシステムが登場しました。 「スタジオでは、同様の原理で動作するスピーカーを使用しています。 Rathausmarkt Open AirでAlconsと仕事をする機会が生まれたとき、私たちは非常に興味がありました」とFelix Gargerle氏は回想します。

メインPAのLR28とLR18ラインアレイシステム

そして大規模プロリボンラインアレイシステムAlcons LR28 15台と Alcons LR18 14台で構成されるセットアップをセンターにシミュレートし、設置しました。合計20台のパワフルなサブウーファーシステムBC543が低域をサポートしました。
モニターシステムは、 マイクロラインアレイLR7 3台4セットとVR8コンパクトモニター4台で構成され、ステージルーフに設置しました。
パワーアンプスピーカーコントローラーSentinel10は、33台で合計132チャンネルのシステムを駆動しました。

Alconsシステムは、ハンブルグのPM Blue 有限会社から供給され、ベルリンのCeativsoundのUwe Biesgenとともに、経験豊富なAlconsシステムエンジニアは、ハンブルグの現場で素晴らしい仕事をしました。

「ラージシステムと長いアレイを意図的に選択しました」と、Farao-CoのマネージングディレクターであるAndreasCämmererと一緒に野外でミックスを担当したFlorian Rauscher氏は説明します。
「オーケストラでの現場は、ミュージシャンがお互いによく聞こえるよう、慣れた音響をミュージシャンに提供するために、ステージを可能な限り静かに保ちたいです。したがって、何よりもまず、アレイの長さで後方および側面への良好な減衰を確保します。 純粋なフルレンジシステムが必要なため、Alcons 最大のLR28システムを選択しました。 特別なマルチチャンネルマイクテクノロジーを使用しており、実際のフルレンジシステムでサウンドをより自然に再生できます。 そして、自然さはクラシック音楽において常に重要なポイントです。 」

Faraoチームに必要な作業条件を提供するために、ステージの高さと幅が拡張されました。
「私たちはL-C-Rセットアップで動作するよう、ステージにセンターハングを設置したかったのです。 そのためには、まずステージでより高い身長が必要でした。」
Felix Gargerleは次のように付け加えます。
「私たちはまた、リスニングエリアの比較的後ろに合理的なステレオ角度を作成できるように、ステージをわずかに広げました。 結局のところ、3つすべての信号(L-C-R)でできるだけ多くのエリアに到達したかったのです。」
Rathausmarktでは、100メートル(328フィート)の距離をカバーする必要がありました。

今まで出会った中で最高

その時聴かれたものは、 Faraoチームの熟練の耳だけでなく、指揮者、ミュージシャン、聴衆、報道機関にも影響を与えました。
「理論的には、これは私がこれまでに出会った中で最高のものでした」
と、Gargerleはpro-ribbonシステムを賞賛します。
 「このシステムを使うのはとても楽しかったです! Alconsのpro-ribbonドライバーテクノロジーは、非常に細やかに分解されたサウンドを提供することができます。 また、PAは、非常に汎用性があります。またミックスでは、非常に柔軟に作業できました 。特定の音を押し付けるようなことはありませんでした。 私たちが目指していた空間イメージは、サウンドシステムによって素晴らしい実現を果たしました。 全体として、システムは私たちの期待を非常によく満たしていました。」

「Alconsシステムは最初から非常に自然に聞こえました。 特に高い周波数範囲が確信的に、初めからすべてが直接比較的均一に聞こえました。私たち全員にとって非常に良い瞬間でした。 」
Farao Studiosミックスエンジニア Florian Rauscher氏

センターに設置されたLR18アレイ

Florian Rauscher氏は続けます。
「イベントで初めてPAに信号を送信する瞬間は、常に非常に刺激的です。  まず最初に何が問題であるかを聴きますが、 Alconsシステムは最初から非常に自然に聴こえました。 特に、最初から高い周波数範囲が自然で、すべてが直接比較的均一に聴こえました。 それは私たち全員にとって非常に良い瞬間でした。」
「私たちのコンセプトを実現する自信をつけてくれたケント・ナガノ、ハンブルク国立歌劇場、ハンブルク市に感謝します。 またこのコンサートが開催されることを楽しみにしています。そして、Alcons Audioに非常に感謝します。」
とGargerle氏は締めくくりました。

取材協力:FARAO Musikproduktions- und , PM BLUE GmbH

この記事をオリジナルサイトで読む