Bryan Ferry at エルプフィルハーモニー

ブライアンフェリー エルプフィルハーモニーにて

ドイツのエルプフィルハーモニー・ハンブルクで行われたBryan Ferry公演にて、ロキシーミュージックの伝説のエレガントで魅惑的なサウンドを、LR18およびLR7プロリボンラインアレイシステムが届けました。

ロキシーミュージックで1970年代に国際的な成功を収め、2019年現在74歳のBryan Ferryは、メジャーワールドツアーの一環として彼の最大のヒット曲を披露しました。
エルプフィルハーモニー・ハンブルクでの彼のコンサートは特に注目されました。 PM Blue有限会社は、技術サービスプロバイダーとして、Alconsシステムとともに忘れられないサウンドエクスペリエンスを提供しました。

PM Blue 有限会社は、長年エルプフィルハーモニーをサポートしています。
エルプフィルハーモニー建設の前から、両社はライスハレ(ドイツのハンブルクにあるコンサートホール)での共同協力によりつながっていました。
PM Blue プロジェクトマネージャーのジョー・スタンコウスキ氏率いるチームは、エルプフィルハーモニーで行われた、アートロックの伝説Bryan Ferryのコンサートのサウンドシステムを提供しました。
360度にサウンドを届けるシステムとして、主にLR18およびLR7プロリボンラインアレイシステムが使用されました。

「Alconsシステムはエルプフィルハーモニーで非常によく機能しています。非常に透明度が高いという特徴があり、エルプフィルハーモニーのような非常に透明なサウンドルームと組み合わせることで、最高の結果が得られます。」
PM Blue プロジェクトマネージャー Jo Stankowski氏

サウンドシステム構成

メインPAは、トリプル18インチカーディオイドサブウーファーBC543に、コンパクトラインアレイLR18 / 90をスタックしたアレイシステムを5セット使用して構成され、右隣に、別のBC543を配置しました。。
ニアフィールドは、マイクロラインアレイLR7 / 120を4台でカバーされました。
後方に提供するサウンドシステムは、スタンドにLR7 / 120を3台をスタックしたミニアレイシステム6セットで構成され、 メインPAと最初のリアフィルの間に、LR7 / 90 3台で構成される2セットのアウトフィルがそれぞれ追加されています。
わずかな調整で、最初のリハーサル以来このシステムが使用されています。
「アーティストの要請により、ここでベースを2倍にしただけです」とPM Blueのシニアプロジェクトマネージャー、Jo Stankowski氏は言います。

ステージの上にある円状のトラスには、客席上段に向けたサウンドシステムをフライングしました。
このセットアップは、左右のメイン、サイド、リアスロープごとにLR18 / 90を6台スタックしたアレイを10セット使用して構成されました。
また、2つのポイントソースアレイRR12は、ニアフィールドのリアフィルとして機能しました。 また低域のサポート用に、8台のLR14Bラインアレイベースがマウントされました。

世界で最高のコンサートホールの1つをどのように増幅しましたか?

エルプフィルハーモニーのサウンドシステムは基本的にそれほど複雑ではありません。JoStankowski氏は、すでにUte Lemper、Helge Schneider、Nils Frahm、Mireille Mathieu、Max Mutzke、Element of Crime、Dionne Warwick、Bill Murrayなどの偉大なアーティストのコンサートをこのホールで行っています
「快適に機能するために、優れたケーブルルート、フライトポイント、天井荷重があります。問題になるケースは、システムエンジニアとミキサーがホールに関わらない場合や、ミュージシャンが非生産的な特定のアイデアを持っている場合のみです。
例えば、パワフルなロックンロールは、ここでは考えられないことです。なぜなら、このホールは優れた音響特性を持っているため、スピーカーから放出された音が何度も反射するような印象をすぐに与えてしまうからです。 」
その場合、音を制御することが不可能になるため、フロアモニターでさえすぐに問題になる可能性があります。
「私たちはいくつかの素晴らしいコンサートをすでにサポートしています。アーティストとエンジニアの両方が、物理学と戦うことなく、パフォーマンスに室内音響を採用しました。 もちろん、インイヤーモニターは役立ちますが、原則的には、ボリュームの観点からすると少ないほど効果的です。 」

天井に70個のスピーカーを設置した「控えめなサウンド」

PM Blue社の目標は、コンサートホールの音をできる限り控えめにすることでした。これは、ブライアンフェリーの場合のように、天井に70台のスピーカーを設置する場合には特に難しい仕事です。
「元の音源へのイメージと忠実度は私たちにとって非常に重要です。だからこそ、ホールの持つ自然な「音の方向」に従うようにしています」とスタンコウスキ氏は続けます。

エルプフィルハーモニーの世界的に有名な「ワインバーグホール」は、音響家の豊田泰久氏が細部にわたって設計し、音がステージからすべての座席に伝えられるように設計されています。
「ここでイメージと適切なサウンドの方向性を実現するために、サウンドシステムの設計に長い間取り組み、必要に応じて変更を加えました」とStankowski氏は言います。
「観客が「グランドピアノの音はすでに十分に大きい・・」と、周囲にセットされたスピーカーを疑問に思う時点で、私たちは素晴らしい仕事をしたということです。」

もちろん、使用されるスピーカーの音響特性はこれに不可欠な役割を果たします。
「Alconsシステムはエルプフィルハーモニーで非常によく機能しています」とスタンコウスキ氏は2年以上のエルプフィルハーモニーの経験の後に語っています。
「非常に高い透明度が特徴で、このホールの様な非常に透明なサウンドルームと組み合わせることで、最高の結果が得られます。最初から、非常に明確で直線的なAlconsシステムを体験してきました。スピーカーは、最終結果を制御するために可能な限り最良の技術的手段を提供し、あらゆる入力信号がここで忠実に再現されます。さらに、それらは非常に正確なツールです。」

ステージ上のブライアンフェリー

ブライアンフェリーのコンサートの場合にも結果を残しました。
「アーティストとサウンドクルーは、ホールのサウンドに非常に満足しています。引き渡し後、クルーはシステムを自分の好み、特に個々のスピーカーグループの音量比を最小限に適合させました。エルプフィルハーモニーでのサウンドの評価は、すぐに新聞に掲載されます。 しかし、ブライアンフェリーの公演時は、報道機関と聴衆の両方が一貫して非常にポジティブな評価をしました。 」

PM BlueはAlconsオーディオシステムで長年にわたって成功を収めており、チームはElbjazzやJazz Balticaなどのフェスティバル、Alan Parsons Live ProjectやNils Landgrenなどのさまざまなツアーに参加しているほか、 150以上のスピーカーを使用したヴォルフスブルクでのフォルクスワーゲン社のスタッフ会議を行っています。 結果はそれ自体を物語っています。

「Alconsは非常にハイファイだとよく耳にします。 そして、実際に非常にハイファイです。 システムは、事実上最高のサウンドトランスデューサの1つです。」
PM Blue プロジェクトマネージャー Jo Stankowski氏

PM Blueには、LR7、LR14、LR14B、LR18ラインアレイシステム、QR36ラインソースアレイ、VR8、BF302ベースシステムなど、幅広いAlconsプロリボンシステムがあります。 パワーアンプは、Sentinel3、Sentinel10、およびALC2がハンブルグで利用できます。

協力:PM BLUE GmbH

この記事をオリジナルのサイトで読む