ホームシネマサウンドシステム

イスラエルのオーディオファン、ヤイル氏は映画鑑賞にとても情熱的で、新しい高級ペントハウスに引っ越した際、彼は建築業者にホームシネマのために特別なスペースを追加するように依頼しました。
高品質なサウンドに熱心な彼は、上映室の面積が3m x 5.5mしかないにもかかわらず、アルコンズオーディオのプロリボンシステムの導入を依頼しました。

施工会社であるCINEMARTの経営者ダン・ナガー曰く、「クライアントは妥協のない完全なサラウンドソリューションを望んでいました。彼の以前のホームシネマは3倍以上も大きいものでした。私は3年前の彼の電話を覚えています。比較的小さな部屋でもまともなシネマサウンドを体験することは可能ですか?と尋ねてきました。私は正しいシステムならば、”イエス”ですと彼に答えました。」

ダンはペントハウスのすべての部屋だけでなく、250㎡の屋外バルコニーでの分散オーディオとビデオのためのターンキーソリューションを提供しましたが、ホームシネマはこの工事の核として設計されました。

ダン:「すべての座席が同じ3Dオーディオ品質を受け取れるようにしたかったのです。小さな部屋のどこにいてもフラットな低音域応答を達成することは非常に困難です。私たちはパワーと低音域の応答も可能な限り望んでいましたが、音が部屋全体で非常に正確であることが重要でした。」

ダンは、アルコンズオーディオのプロリボンシステムだけが比較的小さなスペースでも望む品質を達成できることを知っていました。ヤイルはダンであれば、より良いソリューションを選択するだろうと信じていました。
そして、CRMS-SRHV(コンパクトサラウンドシステム)と2台のCRMS-LFE18(サブウーファー)が、最良の選択であることを確認しました。

「それはお客様に自信を与え、多くの興奮を生み出しました」とダンは微笑みます。

システム構成

3台のCRMS CompactシネマシステムをLCRとしてフロントに、4台のCRMS-LFE18 サブウーファーを前後に2台づつ設置しました。
そして、サラウンドシステムとして合計8台のCRMSC-SRHVも採用されています。システム全体は、4台のSentinel3と1台のSentinel10によって制御されました。

ダン:「CRMSCompactシステムの最適化された指向性により、部屋全体で非常に均一なサウンドが確保されました。また、左右のメインスピーカーに近い側に座っていても、センタースピーカーからのサウンドを明確に区別することができます。そして、全てのスピーカーが同じプロリボンドライバーを使用しているため音質のマッチングはほぼ完璧で、これにより、本当の3Dサウンドが保証されます。これは、このサイズのスペースでは実現が非常に困難な事です。
そしてCRMS-LFE18は、必要なすべてのダイナミクスを提供し、テストした中で最もスピーディーで正確なスピーカーです。このような小さな部屋では、私たちが知っている他のスピーカーでは達成できなかった結果が得られました。
私はそれについてとても興奮しています。結果は完璧です!」

ヤイル:「ダンは以前の家でも同様のプロジェクトを主導しました。そして、以前と同じように、この新しい部屋やアルコンズオーディオのシステムと比較するものは他に何もありません。アルコンズオーディオは他のシステムと比較することさえできないほど、群を抜いています。ダンがこの部屋のために設計したソリューションは完全なものです。」

ダン:「人々は、魔法が掛かったかのように、オーディオが『本物と同じように』聞こえる、と興奮して言います」「その魔法は彼らを笑顔にさせ、興奮させ、瞬時に伝播し、他のすべてを忘れさせます。私たちにとって、これが最も重要なことです。アルコンズオーディオのテクノロジーは、20年以上にわたるオーディオの完成への道のりの中で私たちが経験した、最も「ありのまま」のシステムを生み出します。」