A-haライブコンサート

ノルウェーのボードーのノードランドハレンにてステージに立つA-ha

デビューアルバム「Hunting High and Low」が世界的ヒットを記録してから35年となった2019年、ノルウェーの伝説的ポップグループA-haがワールドツアーに出発し、多くのヒット曲をプレイしました。
2020年の初めのツアーはノルウェー北部ボードーのスタジアム「ヌールランホール」から2月に始まりました。
コンパクトラインアレイシステムLR18は、ファンとサウンドエンジニアに感銘を与えました。

ボードーで毎年開催される野外フェスティバルParkenfestivalenやノルウェー北部の町のイベントを促進するGøranAamodt氏は、トップレベルで信頼できるオーディオシステムを求めていました。
Gøran Aamodt氏は、サウンドプロダクション会社Lydteamet 社と緊密な協力関係があり、同じチームとPAは2017年のヌールランホールでのStingのライブや、毎年開催される野外フェスティバルParkenfestivalenで大成功を収めています。LydteametのAlcons LR18システムは、Gøran氏が要求した品質を提供します。

「私たちはすべてのイベントでLydteamet社に依頼しています。なぜなら彼らは、常に機器の品質と使用するスタッフに焦点を当てているからです。 ワールドクラスのアーティストが訪れ、ワールドクラスのプロダクションを提供する必要がある場合も、Lydteametに依頼しています。Lydteametチームは常に最善を尽くすことを知っています。アーティストやクルーからのフィードバックがこれを実証しています」とGøran氏は言います。

導入システム

A-haのショーでは、メインに54台のLR18と、18台の高出力サブウーファーBF362をグラウンドスタックし、6台のポイントソースアレイモジュールRR12を導入しました。 このシステムは、18台のスピーカーコントローラーを備えたSentinel10アンプによって電源供給と制御を行いました。

Alconsプロリボンシステムが鮮明でパワフルで歪みのないサウンドを提供することはヌールランホールのオーディエンスやスタッフにに知られており、A-haのベテランサウンドエンジニア、Chris Hedge氏も感銘を受けました。

コメント

Lydteametのゼネラルマネージャー、Morten Buvik氏
「私たちの会社は、小さなイベントからアリーナクラスに至るまで様々な会場にシステムを提供しています。初めてコンパクトなLR18を見た時はかわいらしいと思いましが、その後LR18を導入し、屋外アリーナに設置したとき、私たちは恐れ慄きました!この小さなシステムから聞こえることを信じることができませんでした。 」とMorten Buvik氏は笑いました。
「NordlandshallenでA-haのシステムをセットするとき、A-haのベテランサウンドエンジニアのHedge氏は、小さなサイズのAlconsプロリボンスピーカーを見た時、私たちと同じような印象を抱いたようでした。 しかし、彼はサウンドを聞いた後、彼は微笑んでOKのサインを出しました。 もう一度、私たちは誇りを持ってこのシステムを届けました。 Alcons LR18は、最も柔軟なスピーカーシステムであり、私たちはとても気に入っています。」

協力: lydteamet.noa-ha.com

この記事をオリジナルのサイトで読む