DP-F Series

お問い合わせフォーム

DSP + FIR + Ethernet 制御が可能なデジタルパワーアンプ

Wharfedale Pro「DP-F Seris」は、Ethernet、DSP、FIR フィルタリング機能を搭載したマルチチャンネルパワーアンプです。クラスDトポロジーで、2Ωまでの出力を供給します。8Ωや16Ωのスピーカーを複数台、極めて強力に駆動することが可能で、中型の会場やレンタル、ツアー用システムの構築に最適です。フロントパネルにEthernetコネクタを搭載し、付属のソフトウェアでDP-F シリーズの全パラメーターと機能を完全に制御できます。新たに強力なFIRフィルタリング機能を搭載しています。FIRフィルタリングは、振幅と位相を独立して制御し、より詳細なイコライゼーションと、周波数およびパワーレスポンスの最適化を可能にします。
DP-F シリーズは100V / 70V のハイインピーダンスラインシステムも駆動可能です。(DP-2200F のみ)

特長

  • ClassD パワーアンプ
  • 4つの個別チャンネル
  • PC制御可能なDSPを内蔵
  • 2Ω対応。 複数のスピーカーまたはラインアレイを駆動可能
  • FIRフィルタリング機能搭載
  • 90 V~260 ユニバーサル電源
  • Ethernet接続対応
  • 100V / 70Vハイインピーダンスライン対応 (DP-2200F対応/DP-4035F非対応)

Ethernetコネクタ搭載

Ethernet コネクタ搭載。
付属のソフトウェアを使用してPC からDP-Fシリーズのすべてのパラメーターと機能をコ
ントロール可能です。

FIRフィルタリング機能

FIRフィルタリングは、振幅と位相を独立して制御し、より詳細なイコライゼーションと、周波数およびパワーレスポンスの最適化を可能にします。これにより、システムのパフォーマンスが大幅に向上します。

コントロールソフトウェア

付属の編集ソフトを使えば、DP-Fのシステム・パラメーターやDSP機能の概要を実際に確認したり、アンプのすべてのシステム・パラメーターとDSP 機能を実用的に把握す
ることができます。システムのパフォーマンスをモニターしたり、DP-F Seriesをリモートで編集することも可能です。

仕様

DP-4035F DP-2200F
写真
背面
電源 90~260 VAC,50/60 Hz
出力RMS電圧 52.9 V 126.5 V
ステレオ出力 8Ω 4 x 350 W 4 x2000 W
ステレオ出力 4Ω 4 x 595 W 4 x 3400 W/td>
ステレオ出力 2Ω 4 x 1010 W 4 x 4760 W/td>
ブリッジ出力 16Ω 2 x 700 W 2 x 4000 W
ブリッジ出力 8Ω 2 x 595 W 2 x 6800 W
ブリッジ出力 4Ω 2 x 2020 W 2 x 9520 W
70 V Hi-Z 2x 2400 W
100 V Hi-Z 2x 3400 W
電圧ゲイン(定格電力1 kHz) 17 dB~35dB 124 dB~42dB
最大入力 8.7 Vrms(+21 dBu)(Default Gain)
クロストーク ≥90 dB(20 Hz-1 kHz,Below 定格出力,8 Ω)
周波数特性+/-1dB @ 8Ω 標準値:+0,-0.5 dB(10% 定格出力,20 Hz-20 kHz,8 Ω)
入力インピーダンス 20 kΩ(Balance),10 kΩ(Unbalance)
SNR ≥105 dB (Default Gain, A weighted,20 Hz-20 KHz,8 Ω)
プロテクト 電源電圧低下保護/アンプ出力DC保護/サーマルプロテクション
温度パワーコントロール/過負荷パワーコントロール
寸法 483 x 45 x 376 mm
重量 8.0 kg 9.3kg
税込価格
(税別)
¥206,800-
(¥188,000-)
¥327,800-
(¥298,000-)