Wolfmix W1

お問い合わせフォーム

ライティングをこの1台で。Live感覚パッドコントロール

Wolfmix W1はコンピュータを使わずにその場でライトショーを作成するために設計されたスタンドアローンパフォーマンスDMXライティングコントローラーです。FXモジュール、ミュージックシンク、最大4つのDMXユニバースツールボックスが、あなたの想像力を刺激します。

特長

専用CPU

堅牢なビームエンジンは、低レベルでCPU上に直接コード化されており、毎秒2億2千万回の処理パワーを解き放ちます。

フラッシュメモリー

16MB の高速NORフラッシュメモリーにより、動作に影響を与えることなく、その場で変更を書き込むことができます。

タッチスクリーン

4.3 インチ静電容量式タッチディスプレイ、ティンテッドガラス採用。カラーピッカー、パン/ チルトグリッド、オンスクリーンキーボードを使用して、プロジェクトを
微調整します。

堅牢な筐体構造

パウダーコーティングされたスチール製のベースとVESA マウント、強化スチール製のバックプレートは、よりタフな環境に対応しています。

ハイエンドな仕上げ

耐久性に優れたソフトな感触のシリコンパッドにレーザープリントによるマットなオイル仕上げを施し、バックライトにはカラーチェンジLEDを採用。

プッシュ式エンコーダー

4 つのインクリメンタルプッシュエンコーダ(加速度付き)は 0-100% の範囲で飛行しながらパラメータの微調整を行うことができます。

各部機能

❶:フィクスチャーの追加
Wolfmixはフィクスチャープロファイルを使って、接続しているライトを理解します。このボタンから始めることが可能です。独自のフィクスチャーを作成するか、リストから1つ選んでください。

❷:FX モジュール
各グループにエフェクトを適用します。青がCOLOR、緑がMOVE、ピンクがBEAMです。これらのFXモードボタンを押すと、エフェクトをかけたプレイができます。(詳細は下記参照)

❸:STATIC
静的なCOLOR、POSITION、またはGOBOをライトのグループに適用します。 ライブ編集モードを使用して、一部のチャンネルをオーバーライドします(“ミラーボール”ボタンに最適です)

❹:GROUPS
4つの列がそれぞれ照明のグループを制御します。マトリクス上のボタンを押すと、フラッシュ、エフェクトの適用、静的な値の適用、ディマーの変更が可能です。

❺:FLASH
ワンショットフラッシュボタンは、ライブで大活躍します。このボタンを押すと、ブラインダー、スピード、そして魔法のようなWOLFエフェクトで観客を盛り上げます!

❻:PRESETS
Shift + PRESETボタンを押すと、見たものすべてが保存されます。最初のエンコーダーを押すと、プリセット間をフェードし、プリセットのページを再生します。

カラーコントロール

指先で任意のカラーをタップしてでカラーコントロールが可能です。

FX モジュール

COLER FX

最大16色をミックスして、Rainbow、Sparkle、Light Feverのエフェクトを作成

RGB、アンバー、ホワイト、UV、CMY ライトのカラーチャンネルにエフェクトを適用します。カラーミキシングのないライトの場合、エフェクトは固定カラーホイールに適用されることがあります。

MOVIE FX

スキャナやムービングヘッドに動きのパターンを作成

Move FX モジュールには、パン、チルト、サークル、スイープマジックカーペットがあります。光束を扇形にしたり、パターンの中心点を動かして、ステージの上や下に向かって再生したりすることができます。

BEAM FX

チェイス、ウェーブ、ハートビートのエフェクトを作成

エフェクトはカラーチャンネル、またはカラーミキシングのない照明の場合は
ディマーチャンネルやシャッターに適用されます。ステップシーケンサーでカスタムパターンを作成することもできます。

接続端子

❶:LINE-IN & MIC
Line-Inソケットにジャックケーブルを接続するか、内蔵マイクを使用して、音楽に合わせてライトをシンクします。BPMタップは、WTOOLS PC/MACアプリを介して、Ableton LinkやOS2lと一緒に使用することもできます。

❷:USB Bコネクタ
電源に接続し、スタンドアロンで使用可能です。PCまたはMACのUSB3ソケットに接続し、フィクスチャー、プロジェクト、BPMをWTOOLSアプリと同期ができます。

❸:DMX A~D
ユニバース1はDMX A or B、ユニバース2はDMX C or Dに接続します。

The Wolfmix toolbox

PC/Mac用アプリ「WTOOLS」

Wolfmixは、PCを必要としないスタンドアロン・コントローラとして動作しますが、WolfmixとPCをUSB3で接続し、WTOOLSアプリで機能を追加することも可能です。

クラウドプロジェクトのバックアップ

プロジェクトをPCにバックアップします。バックアップはクラウド経由で自動的に同期され、どこにいてもWolfmixにダウンロードすることができます。

DJソフトとのビートシンク

Ableton LinkやOS2Lを使った音楽制作・DJソフトウェアで計算されたBPMを取得します。 WTOOLSはビートを読み取り、Wolfmixに渡します。

15000以上のフィクスチャープロファイル

プロファイルが無いことで作業が行き詰まることはありません。Wolfmixで作成されたフィクスチャープロファイルをバックアップするか、Nicolaudie SSL2フィクスチャライブラリから任意のプロファイルをロードいただけます。

3Dビジュアライザー

DMX入力インターフェースを必要としないEasy View 2で、ステージの3D表現を作成し、プロジェクトをリアルタイムでレンダリングできます(※ご利用はアドオン購入が必要です)。

WLINKで2台目のWolfmixまたはDMX INコントローラーをペアリング

2台のWolfmixコントローラーを5pin WLINKケーブル(別売)で接続すると、2台とも互いに追従するようになります。これにより、最大8つのグループを並べて制御したり、標準の5ピンDMXケーブルで延長して2つのグループを制御したりすることができます。例えば、バーの後ろにあるWolfmixとDJブースにある別のWolfmixを同期させたり、ステージ上のWolfmixと別のFront Of Houseを同期させたりすることができます。
また、WLINKソケットを使用して、従来のDMXフェーダーボードなどのDMXコントローラーを接続し、DMX入力チャンネルをグループディマーにマッピングしたり、出力チャンネルに直接マッピングすることも可能です。WLINKは、WTOOLSアプリからアドオン購入が可能です。

Wolfmixで作成できるエフェクト

Too Many Pappermints Purple rain Disco
Disco Color Jump Cancan God Bless Wolfmix
Calypso Cancan Insane Colors Laser Aim
Group BPM Runway Digital Love
Ready 70’s Paradice Sizzle
Magic Carpet Fire!
 

特長

セットアップ

  • PC不要のスタンドアロン制御
  • あらゆるDMXデバイスに対応
  • 最大4つのDMXユニバース(2048チャンネル、U3+4はアドオンが必要※1)
  • 最大680個のフィクスチャー
  • 最大50種類のフィクスチャー
  • 最大5000のフィクスチャー機能(カラー/ゴボ等)
  • フィクスチャーグループ数:8
  • 6プロジェクト数:6
  • 15000以上のフィクスチャが利用可能(コントローラー では3500以上)
  • DMXアドレス、フィクスチャーオーダー&グループセットアップ
  • DMXユニバースマッピングでDMXスプリッターとして使用可能

パレット&FX

  • カラーFXモジュール(8種類のエフェクトと16色の定義可能なカラーを搭載
  • 8種類のエフェクトを搭載したMove FXモジュール
  • スペシャルFX、ストロボ、ブラインダー、スピード、ブラックアウト、スモークを制御する6つのフラッシュボタン
  • Staticカラーパレット(各グループ10色、グラデーションコントロール可能)
  • Staticポジションパレット(1グループ5ポジション、フェード&ファニング機能付)
  • ゴボパレット(1グループあたり5個のゴボを定義可能
  • フラッシュトリガーモードと’Park’機能付きの20個の命名可能なライブボタン
  • スナップショットのホールドやフェードのタイミングを保存するための100の命名可能なプリセット
  • プリセットプレイバックキューリスト-全プリセットまたは20プリセットのページごと

制御と同期

  • エンコーダ加速によるグループ/マスター調光
  • グループFLASH、FULL、ブラックアウト
  • 16ビットパン/チルト制御
  • マルチビームLEDバー制御
  • マイクまたはラインインからのFX音楽同期
  • Ableton Link、OS2L、BPM TAPによるFX BPM同期
  • エフェクトスピード、フェーズ、オーダー、サイズ、フェード、ファン&フリック
  • グローバルFXスピード&フリーズコントロール
  • グループディマーでDMX INをマッピングし、出力チャンネルにパッチ(アドオンが必要※1)
  • WLINK – 他のWolfmixコントローラーと同期(アドオンが必要※1)

内蔵ツール

  • フィクスチャービルダー
  • フィクスチャーの移動範囲を限定するフィクスチャーキャリブレーションツール
  • X-Yタッチコントロール位置決めグリッド
  • RGBWタッチコントロールカラーピッカー
  • 8ステップのリアルタイム・シーケンサーでビームやムーブのFXを作成可能
  • DMXレベルのライブビュー(デフォルト値オーバーライド、DMXチャンネルテスター付)
  • Beam Editorで、生成されたFXで使用されるMinとMaxの値を上書きすることが可能

その他の特長

  • キャリブレーションとRGB、White、Amber、UVミキシング、自動固定カラーホイール変換
  • 異なるフィクスチャタイプ間で類似したゴボを自動マッチングさせることが可能
  • フラッシュボタンとプリセットボタンのタイミングリリース
  • フィクスチャーFLIP機能(ビーム順序を反転させるための機能)
  • 複数のFXバーを分割する「Fixture SPLIT」機能
  • コントローラーのロック、またはパスワードで編集をロックすることが可能
  • WTOOLSアプリでプロジェクト&フィクスチャをバックアップ
  • EasyViewとWTOOLSoverUSBを使用したオフライン3Dビジュアリゼーション(アドオンが必要※1)
  • プロジェクトの自動保存で手動での保存が不要
  • 異なるフィクスチャ設定を同じプロジェクトにインポート可能
  • 2秒以内に起動し、1秒以内にDMX送信を開始します。
  • いざという時のために、工場出荷時のファームウェア起動リカバリーモードを搭載
  • ※1 一部の機能は、WTOOLSアプリから利用できるアドオン購入が必要です

エフェクト

カラーエフェクト


Rainbow

Sparkle

Chaser

Light Fever

Jumping
Rainbow

Lightning
Sparkle

Running
Rainbow

Symmetrical
Chaser

ムーブエフェクト


Tilt

Pan

Circle

8 Ball

Magic Carpet

Cancan

Conductor

Sequencer

ビームエフェクト


Sin

Sparkle

Chaser

Light Fever

Heartbeat

Sequencer 1

Sequencer 2

Sequencer 3

各部仕様

ハウジング ABS樹脂製
パウダーコーティングされたスチール製ベースプレート
100mm VESA (M4 6mm 以下)
パウダーコーティングされたスチール製の強化背面プレート
ディスプレイ 4.3 インチカラーTFT / 色ガラス付き
静電容量方式タッチパネル
エンコーダー フルボディ合金
加速度センサー付きインクリメンタルプッシュ
ボタンパッド シリコンボタン37個、マットオイル仕上げ
LED カラーバックライト
プロセッシング ARM コア搭載220Mhz CPU / 8MB RAM / 16MB フラッシュ
オーディオ 無指向性エレクトレットマイク
3.5mm アンバランスラインイン
アナログ適応型ピーク検出器
DMX 3 ピン DMX OUT XLR コネクター x2
5 ピンDMX OUT XLR コネクター x1
5 ピンDMX IN/OUT XLR コネクター(WLINK 付き)x1
USB USB-B コネクター- 900mA(USB3 規格)
高速USB 通信
寸法/重量 W195mm x D220mm x H62mm / 1.07kg

シーン別Wolfmix接続例

Wolfmixのシーン別の使用例をご紹介します。

Mobile Disco|クイック接続&スプリッター機能

2つのモバイル照明に接続された1ユニバースをWolfmixで使用します。 使用されるユニバースは1つですが、各照明は個別のDMX出力に接続されているため、2つの照明をデイジーチェーン接続する必要がありません。 内蔵マイクは音楽の同期に使用されます。

Large Disco|複数のDMXチャンネル & Ableton LinkでBPMシンク

ピクセルマップされたフィクスチャで構成される4つのユニバース照明リグにWolfmixを接続します。 WTOOLSを実行しているPCとWolfmixを接続し、AbletonLinkを使用してBPMをDJソフトウェアと同期させます。

Club|Line入力 & WLINKによる拡張機能モード

2台のWolfmixコントローラーをWLINKケーブルで接続し、8つのフィクスチャーグループにアクセスできます。すべての灯体は、コントローラーの1つにある残りの3つのDMXコネクターで接続されています。ミキシングデスクからのオーディオは、音楽とエフェクトを同期させるためにWolfmixのLine-Inに接続されています。

Live show|フェーダー付きDMX IN + シングルCH フィクスチャー

Wolfmixは、シングルCHのパーライトを含む3つユニバースに接続されています。DMXフェーダーボードがWLINKソケットに接続され、グループディマーをフェーダーで制御できるようになっています。追加のフェーダーは、シングルチャンネルPARに直接マッピングすることができます。

Bar|2台のWolfmixをWLINKで連携

内蔵マイクを使用して音楽を同期させたコンパクトなセットアップです。 2つのWolfmixコントローラーがWLINKで連携し動作します。1つはバーの後ろにあり、もう1つはDJブースにあります。 両方のコントローラーが互いに追従し、バーのスタッフとパフォーマーの両方がライトを制御できるようになります。

At home|オフラインの3Dビジュアライザーで自宅でのセットアップを実現

USBケーブル1本でWolfmixとパソコンを接続します。リアルタイム3Dビジュアライザー「Easy View」により、エフェクトやプリセットを事前に用意しておくことができます。

.