FB3 + Quick Show

お問い合わせフォーム

インターフェース FB3 +I LDAコントロールソフトウェアQuick Show

PANGOLIN「FB3 + Quick Show」は、レーザーの世界的名門パンゴリン社による、ILDAソフトウェアとインターフェースFlashBack3(FB3)のセットです。Quick Showは、同価格帯の他社ソフトウェアを遥かに凌ぐグラフィック性能と自由なカスタマイズ性 が特長です。
ライブでの使用とと事前にプログラムされたレーザーショーの両方を、これまで以上に迅速かつ簡単に作成することができます。また、革新的なクイックツールを使えば、カスタムレーザービームエフェクト、グラフィック、テキスト、アニメーション、アブストラクト、レーザーロゴを簡単に作成することができます。また、2,000近くの事前にプログラムされたレーザーキューと、数百個のレーザーショーも無料で提供しています。

パッケージ内容

  • FB3 インターフェース
  • Quickshowソフトウェア

FB3 本体価格 ¥85,000-

美しいコンテンツを、あなたの指先で

シンプルさを楽しみ、プログラミングコンテンツに煩わされたくない方には、QuickShowをお勧めします。このソフトウェアには、約2,000点のストックレーザークリップアートと数百個の無料レーザーショーが内蔵されています。表示したいキューやショーをクリックするだけで、数秒で起動します。

Pangolin Cloud

革新的な新しいPangolinのクラウドは、ほぼ無限の新鮮なコンテンツを提供しています。すべてのコンテンツは、ソフトウェア内で簡単に直接ダウンロードできます。レーザーショー、キュー、コンテンツ用の「iTunes」をプログラム内に構築するような感覚です。また、アーティストとして、あなた自身のプロフィールを作成し、あなた自身のレーザーショーやコンテンツやデザインを、他の人と共有したり、販売したりすることもできます。(* iTunesはApple Inc.の登録商標です)

ダウンロード

QuickShowの無料体験版はこちら

QuickShow FREE DEMO Setup_QS_Ev.exe

カスタムレーザー作成用のクイックツール

QuickShowを使って成長していくうちに、独自のレーザーコンテンツ(レーザービームエフェクト、テキスト、グラフィック、レーザーロゴなど)を作成したくなるかもしれません。ソフトウェア内部のQuickToolsを使用して簡単にを設計することができ、コンテンツにレーザーで命を吹き込むことができます。以下の8種類のクイックツールがあります。

Quick Text

数秒で簡単にレーザーテキストを作成します。

動画

Quick DMX

DMXでQuickShowをコントロールします。

動画

Quick Shape

ビームとエフェクトをデザインします。

動画

Quick Timeline

音楽を使ったタイムラインショーを作成します。

動画

Quick Trace

レーザーロゴをスピーディーに作成します。

動画

Quick Capture

レーザー画像を簡単に結合します。

動画

Quick Targets

ターゲットビームシーケンスを作成します。

動画

Quick FX

瞬時に適用される驚異的なレーザーエフェクト。

動画

多彩なコントロール機能

QuickShowには多彩なコントロール機能が搭載されています。

Live Control Engine

QuickShowの強力なライブコントロールエンジンを使って、簡単にライブレーザーショーを実行します。色、エフェクト、BPM、サイズ、位置、回転など、すべてを音楽と完全に同期してライブでコントロールすることができます。

Timeline Show Builder

QUICKSHOWは、タイムラインベースのプログラミングツールのフルスイートを提供します。シンプルでありながら強力な機能を備えており、レーザーと音楽を完璧に同期させることができます。

MUSIC BPM SYNC

QuickShowの内部には革新的なBPM同期ツールがあり、ライブや事前にプログラムされたレーザーショーに最適です。また、人気のあるVirtual DJソフトウェアの無料プラグインもあり、レーザーショーや音楽を演奏するDJに最適です。

DMX and MIDI compatible

QUICKSHOWソフトウェアはDMXとMIDIの両方に対応しています。また、人気の高いAKAI APC MINIコンソール用のカスタムプロファイルを提供しており、プラグアンドプレイでの使用を可能にしています。

複数のレーザーを簡単に制御

QuickShowは、簡単に複数のレーザープロジェクターを同時にコントロールできる人気の「ゾーン」機能を提供しています。完璧な同期で大規模なレーザーショーがこの機能で簡単に行うことが可能です。

自分だけのスタイルを作る

自分のスタイルに合ったエディターやジェネレーターを使うことができます。

描画プログラムとフレームエディタ

当社の業界をリードする描画プログラムとフレームエディタを使用し、想像できるあらゆるタイプのレーザーコンテンツを描画または編集することができます。また、そのコンテンツをアニメーション化して、レーザーに命を吹き込むこともできます。例えばロゴを撮影し、レーザー光で動かしたり変形させたりすることが可能です。

アブストラクトジェネレーター

レーザーアブストラクトを作成するのが好きなら、こちらの機能をお勧めします。パワフルなアブストラクト・コンテンツ・ジェネレーターが含まれているので、独自のアブストラクト・コンテンツを開発することができます。

オートプレイ(バーチャルレーザージョッキー)

自動でショーを走らせたい場合は、オートプレイを使えば問題ありません。私たちの革新的なバーチャル・レーザー・ジョッキー機能は、設定したBPMに基づいて自動的にキューとコンテンツをトリガーしてショーを進行させることができます。

レーザー出力を補正、プレビューする

ジオメトリック補正ツール

QuickShowには正確な幾何補正ツールが含まれており、投影領域を調整できます。 X、Y、Z軸、サイズ、位置、回転なども制御できます。 QuickShowには、ソフトウェアで利用可能なさまざまなテストパターンも含まれています。

プレビューツール

QuickShowは、実行中のすべてのレーザーコンテンツを画面上でプレビューすることができます。また、制御している個々のレーザーに送信されるコンテンツを見ることもできます。

基本設定

FB3を介してPCからレーザープロジェクターへ信号を送ります。

独立制御設定

2つのレーザーが各自FB3と接続されています。それぞれのレーザーが独自で接続されているため、2つのレーザーが同時に異なることを行うことが可能です。

ライティングコンソールの設定

レーザープロジェクターとライティングコンソールの基本的な設定です。上記で述べた共有制御と独立制御と同じ原理がここにも適用されます。

MIDI制御設定

APCMINI midiコンソールを使った基本的な設定です。上記で述べた共有制御と独立制御と同じ原理がここにも適用されます。