LS-NODE Series

お問い合わせフォーム

ArtNetおよびsACNをサポートするRDM/DMXノード

ワークプロ「LS-Node シリーズ」は、業界標準のArtNetおよびsACN をサポートするWORK PRO の新しいRDM/DMX ストリーミング製品です。LS-Node1、S-Node2、LS-Node4 の3モデルご用意しております。各モデルの数字末尾の数だけDMXユニバースをご利用頂けます。これらのLS-Node製品は、LS-Core製品と同じサイズで設計されており、オプションのLS-AR19にてラックマウントが可能です。USB-CコネクタまたはPoEを介して電源供給が可能です。1U最大12ユニバース。すべてのLS-Node製品は2ポートの統合イーサネットスイッチが付属します。
LS-Node はLightSharkコンソールとの互換性があります。またDMXフレームレートの変更(15から40フレーム/ 秒)、各RDM/DMXポートは自由にルーティングが可能です。ArtNet/RDM との互換性により、LS-Nodeは、照明コンソール(LighitnShark)からリモートデバイスの設定、状態監視、管理を可能にします。

LS-Nodeのスクリーンショット。 WEB設定用のインターフェイスです。

特長

  • Ethernet-RDM/DMX双方向トランシーバー
  • すべてのポート個別に構成可能
  • イーサネットスイッチ内蔵
  • 19インチ1/4ラック取付可能(LS-AR19)
  • シングルモード:RDM / DMXからArtNet / sACNトランシーバー(LS-Node1およびLS-Node2モデル)はWeb経由で構成可能。
  • マージモード:LS ノードが(ArtNet/sACNまたはDMX経由)異なるユニバースを受信し、それらを同じ出力にマージして、HTP/LTPマージモードを選択できるようにします。
  • バックアップモード:LS-Nodeが2台のコンソールが接続されたバックアップモードで動作している場合、デバイスはプライマリコンソールからの接続の切断を検出し、最大3 秒の待機時間で自動的にバックアップコンソールに切り替えます。

仕様

プロトコル Art-Net/sACN / RDM / DMX512 Ethernet RDM / DMX512
マージ機能 HTP / LTP モード バックアップ
DMX フレームレート 設定可 給電 PoE / USB Type-C
本体価格 LS-NODE1:¥40,000- LS-NODE2:¥50,000- LS-NODE4:¥60,000-

シリーズ

左からLS-NODE4、LS-NODE2、LS-NODE1

LS-NODE4LS-NODE2LS-NODE1