SCAN-SD

お問い合わせフォーム

RGBレーザースキャンライト

e-lite Laser「SCAN-SD」は、RGBレーザーを搭載したレーザースキャンライトです。外部で作製したILDAファイルをSDカードに取り込むことで、外部コントローラーを用いることなくオートで照射することが可能です。
作製した複数のILDAファイルを1つのプログラムファイルとして照射も可能で、各ILDAファイル間のプレイスピードも予め決定しておくことが可能です。筐体も非常にコンパクトかつ軽量なこともあり、設置場所を選びません。

仕様

  • 作製したILDAファイルをオート照射可能
  • 複数のILDAファイルを1 つのプログラムとして照射が可能
  • 作製したプログラムスピードの設定が可能

電源 100-240V 50/60Hz
消費電力 15W
レーザー Red 150mW 650nm
Green 50mW 532nm
Blue 100mW 450nm
レーザークラス Class 3B
スキャナースピード 10K
DMX接続 3pin XRL in out
オートプログラム 9
サウンドプログラム 9
動作環境温度 10~40
寸法/重量 236 x 194 x 188 mm/ 2kg

ダウンロード

取扱説明書   ell_scanSD_mnl.pdf

チュートリアル

ILDAファイルの作成/保存方法です。下記に添付されたファイルをダウンロードしてご利用いただけます。
注:PCのバージョンによりうまく動作しない場合があります。macの場合、EasyWine等を利用してソフトウェア(.exeファイル)を開くことをお勧めします。

作成方法例

  • 1:A(draw text)を押し、好きなテキストを打ち込む
  • 2:場合に応じ、時間やエフェクトを加える。
  • 3:シーンのタイムライン上で右クリックでSave outputを選択
  • 4:ファイルの種類はILD STANDARD(256 Colors)を選択
  • 5:ファイルに名前をつけ末尾に.ILDとつけ、保存
    例「 Cat.ILD 」
  • 6:メモ帳などテキストファイルにILDファイルと同じ名前を入力し末尾に.ILD その後に再生スピードを加えるため、「 12,1 」などと入力します。
    例「 Cat.ILD,12,1」
    Catの後はドット、ILDの後、12の後はコンマです。
  • 7:テキストファイルの末尾を.PRGへと変更し拡張子を変更します。
  • 8:作成したILDファイル、PRGファイルを名前をつけたフォルダーに入れ、SDカードへと保存してください。

ダウンロード

ILDA編集ソフトウェア   mamba_black_161b.exe