CueCore 2

お問い合わせフォーム

マルチプロトコルの建築照明用コントローラー

VISUAL PRODUCTIONS「CueCore2」は、常設および建築照明用のコンパクトなライティングコントローラです。 CueCore2には可動部分がなく完全にソリッドステートであり、常時運用を前提に設計されています。各種サポートソフトウェアツールがバンドルされていますが、いったんプログラミングすると、CueCore2 は完全にスタンドアロンで動作します。 2 つのDMX-512ユニバースを通してライティングショー、静的シーン、ダイナミックエフェクトを再生します。本機はさまざまな着信プロトコルに応答するように、または指定スケジュール通りにプログラムすることができます。

特徴

  • DMX-512オプトアイソレート x2(イン/ アウト)
  • Art-Net&sACN(入出力)/KiNet(出力)
  •  MIDI、MSC、MMC・OSC、UDP、TCPトリガー(イン/アウト)
  • 4つのコンタクトクロージャー/0-10V入力のGPIポート
  • 6つの独立した再生を備えたオンボード照明コントローラー
  • DMX、Art-Net、sACN ショーレコーダー
  • リアルタイムクロック、平日、日の出/日の入りスケジュール
  • NTP時間同期/SMPTE、MTC、Art-Net タイムコードスレーブ
  • 制御機能を表示する(入力を任意の出力に接続する)
  • 複数のユニットを同期させるためのマスター/スレーブプロトコル
  • Kioscとの互換性 
  • デスクトップまたはDIN レール取り付け(オプション)
  • ケンジントンロック(オプション)

ダウンロード

取扱説明書  vp_cuecore2_qsg.pdf

照明を制御する

CueCore2 は照明コントローラーです。 6 つの独立したプレイバックを特長とするCueCore2 は、複数のゾーンでの照明や厳しいHTP / LTP 要件を処理できます。再生にはすべてのオプション機能が付属しているので、クライアントの希望に合わせることができます。

外部DMXソースからの録音

サードパーティのコンソールで設計された照明ショーは、CueCore2 内に簡単に記録できます。録音にシームレスなループを作成する機能も提供します。外部ショーの録音は、DMX、Art-Net、またはsACN 経由で行うことができます。

さまざまなプロトコルで通信する

CueCore2は印象的なプロトコルのコレクションを提供します。 DMX-512、Art-Net、sACN、KiNetなどの典型的な照明プロトコルから。GPI、MIDI、UDP、TCP&OSC などのあらゆる非照明機器と対話するためのプロトコル。 SMPTE やMTCなどのタイムコードプロトコルもサポートしています。

小規模および大規模なインストールにCueCore を適用する

複数のCueCoreのグリッドはすべてネットワーク化されており、大型照明システムに必要な容量を満たしています。CueCore2 には、複数のユニットを同期させるための流暢なマスタースレーブプロトコルが搭載されています。

シリーズの他の製品と組み合わせる

CueCore2は、拡張されたDMXユニバース容量のためのQuadCoreを含む製品シリーズの中心的な製品です。追加のGPI、GPO、およびRS-232 ポート用のIoCore、B-Stationは壁掛けのボタンパネルです。 RdmSplitterはDMX信号ブースター/ スプリッターです。

ソフトウェアツールをダウンロードする

CueCore2 には、自由に使用できるさまざまなソフトウェアツールがバンドルされています。 CueluxProはソフトウェアベースの照明コンソールで、照明コンテンツを作成してCueCoreの内部メモリにアップロードすることができます。 vManagerを使用すると、ネットワーク上のCueCoresを検出し、内部データをバックアップし、ファームウェアをアップグレードできます。Kioscというカスタムタッチスクリーンユーザーインターフェイスを作成するためのシンプルなプログラムもあります。