VERSADRIVE SC Series

お問い合わせフォーム

画像クリックで拡大

スピーカーマネージメントシステム

ワーフデールプロ「VERSADRIVE」はDSP制御のデジタル・マトリックス・プロセッサーです。 入出力は品番に表されており、SC-24 は、2 つのアナログXLR入力と4つのXLRアナログ出力を備えています。 SC-36は3in6out、sc48は4in8outを提供します。
最高品質の24ビット96kHz AD/DAコンバータを内蔵し、40ビットの内部DSPプロセッサで処理されます。プロオーディオのあらゆる面を細かく制御することができます。ディレイタイム、コンプレッサー、リミッター、パラメトリックイコライザー、複数のハイパスフィルタとローパスフィルタの選択など、システムが完全にバランスが取れるまでパラメータを調整することができます。
さらに詳細な設定をするために、新しい「VERSADRIVE」にはエディターソフトウェアが付属しています。 これにより、すべてのパラメータをパソコン上で編集できるようになり、固定設備やツアーで設定したパラメーターを保存することもできます。また、経験の浅いユーザーにその制御権を与えないようにパスワードで保護することもできます。

特徴

オールインワン

Versadriveシリーズは、ライブサウンドエンジニアが必要とするすべてのデジタル信号処理を提供します。1Uラック・デザインにパッケージ化された直感的で簡潔なフロント・パネルとLCDスクリーンで、スピーカーの構成を正確に調整することができます。 Versadriveは、クロスオーバー、EQ、リミッターなどのすべてのオーディオ・ダイナミクスをコントロールします。 USBとRS485接続を使用するVersadriveは、付属のソフトウェアを使用してPCから直接ネットワーク化し、制御することができます。

すべてのリグのために

バランスの取れたXLR出力を独立して使用することで、あらゆる組み合わせのスピーカーで使用することができます。 クロスオーバは、典型的なステレオクロスオーバで使用できるlinkwitz-riley、bessel、およびbutterworthモードを備えています。また、各チャンネルのハイパス/ローパスフィルターとしても使用できます。

作業の最適化と機器の安全性

パスワードロックと組み合わせたオプションの制限で、機器を完全に保護することが可能です。 ボックスの外にあるVersadriveには、WLA、Delta、Focus、EVP-X MKIIなどの一般的なWharfedale Proラウドスピーカーの設定が最適化されています。複数のメモリロケーションで、ツアー中さまざまな環境に対処する時間を短縮できます。 チャンネルパラメータをコピーする機能は、数秒で編集できる超効率的なワークフローを実現します。

リグの拡張と展開

1台のVersadrive自体で強力ですが、RS485接続では最大250台までの接続が可能で、最大1500mの遠隔操作が可能です。スタジアム、クラブ、またはマルチルームの設備など、ラップトップでで簡単に管理できるようになりました。 USB接続および付属のソフトウェアは、別の視覚的補助機能としてアクセスして、さまざまなイベントのために独自のプリセットを更新できます。

仕様

  • 24-bit / 96kHz
  • 内蔵プロセッサー40-bit
  • USB / RS232 / RS485 端子接続
  • 入力:8PEQ,31バンドGEQ,フェーズ,ディレイ
  • 出力:クロスオーバー,5PEQ,ゲイン,ミュート,コンプ/リミッター
  • フルマトリクス入出力
  • ユーザープリセット20、直感的なUI操作
  • RS485・ワイヤレスルーター経由で最大255 ユニット接続可能

SC-24 SC-36 SC-48 端子
オーディオ入力 2 3 4 バランス
XLR
オーディオ出力 4 6 8
電源 AC100V 50/60 Hz
ポート USB 1 (PC Control)、Ethernet 1、RS232 x1
周波数特性 >20Hz〜20kHz
S/N 比 >115 dBu
歪 (THD) <0.005 at 1kHz (0dBu)
最大出力レベル +20dBu
インピーダンス <500 Ohms
D/A コンバーター 24-bit シグマデルタ
サンプリングレート 96kHz
寸法(HWD)/重量 W482 x H44 x D204mm / 2.6kg
本体価格 SC-24:¥78,000-
SC-36:¥138,000-
SC-48:¥178,000-

ダウンロード

取扱説明書  wp_scseries_mnl.pdf