Quad Core

お問い合わせフォーム

4Universe出力の設備・建築用照明コントローラー

ビジュアルプロダクションズ「QuadCore」は4DMX Universe出力の(半)恒久的な設置と建築照明用のコンパクトな照明コントローラーです。です。 CueCoreシリーズの一部で、このユニットはピクセルマッピングなどのチャンネルを重視する照明プロジェクト用に設計されています。ノンストップ操作を目的としたQuadCoreには可動部分がありません。ユニットは完全にソリッドステートであり、ライティングエンジニアがこのスタンドアローンのデバイスに「フィットして忘れる」ことを可能にする信頼性を達成します。6つの独立したプレイバックを特長とするQuadCoreは、複数のゾーンでの照明や厳しいHTP/LTP要件を処理できます。プレイバックには様々なオプション機能が充実しているので、クライアントの希望に合わせることができます。

外部DMXソースからの録音

サードパーティのコンソールで設計された照明ショーは、QuadCore 内に簡単に記録できます。録音にシームレスなループを作成する機能も提供します。外部ショーの録音は、DMX、Art-Net、またはsACN 経由で行うことができます。

さまざまなプロトコルで通信する

CueCore2は様々なプロトコルに対応しています。 DMX-512、Art-Net、sACN、KiNetなどの照明プロトコルから、GPI、MIDI、UDP、TCP&OSC などのあらゆる照明機器以外の機器と通信するためのプロトコル、SMPTE やMTCなどのタイムコードプロトコルもサポートしています。

プログラムの表示制御自動化

柔軟なショーコントロールプログラミングによって、QuadCoreの自律的な動作をカスタマイズすることができます。この機能を使用すると、ショーの再生を自動化できます。着信プロトコルまたはスケジュールされた時刻または日付に基づいてトリガーを定義できます。さらに、あるプロトコルの信号を別のプロトコルに変換することもできます。

小規模および大規模な設備にQuadCoreを適用する

QuadCoreのスケーラブルな設計は、小規模から大規模なプロジェクトでまで展開が可能です。小規模な常設ではQuadCore単体の運用で済むことがほとんどでしょう。また複数のQuadCoreを組み合わせたグリッドは、すべてネットワーク化され、大型照明システムに必要な容量を満します。 QuadCoreには複数のユニットを同期させるためのマスタースレーブプロトコルが搭載されています。

他のシリーズの製品と組み合わせる

QuadCoreは、SMPTE、MIDI、MTC、GPIを含むさらに広い範囲のプロトコル用で、CueCore2を含めたCueCoreシリーズの製品です。追加のGPI、GPO、およびRS-232ポート用のIoCore2や、壁掛けのボタンパネルのB-Station、 DMX信号ブースター/スプリッターのRdmSplitterと組み合わせて使用できます。

ソフトウェアツールをダウンロードする

QuadCoreには、自由に使用できるさまざまなソフトウェアツールがバンドルされています。 CueluxProはソフトウェアベースの照明コンソールで、QuadCoreの内部メモリにアップロードできる照明コンテンツを作成することができます。vManagerを使用すると、ネットワーク上のQuadCoreを検出し、内部データをバックアップし、ファームウェアをアップグレードできます。Kioscというカスタムタッチスクリーンユーザーインターフェイスを作成するアプリも使用できます。

仕様

  • 制御機能を表示する(入力を任意の出力に接続する)
  • デスクトップまたはDINレール取り付け
  • オプションの19 インチラックマウントアダプター
  • ケンジントンロック
  • ロックされた電源ケーブルの保護
  • PoE クラスI
  • Kioscとの互換性
  • DMX-512 光絶縁ポート(双方向)x4
  • Art-Net/sACN/KiNet(アウト)/TCP(入力)/UDP/OSC
  • リアルタイムクロック、平日, 日の出/ 日の入りのスケジュールv
  • NTP時間同期/Art-Netタイムコード
  • 複数のユニットを同期させるためのマスタ/ スレーブプロトコル
  • 本体価格:¥170,000-

ダウンロード

取扱説明書  vp_QuadCore_qsg.pdf