Media Master Express 4

お問い合わせフォーム
ar_mme4

高画質・映像出力ソフトウェア「Media Master」シリーズ

Media Master Express4は、映像を迅速かつ簡単にコントロールできるように設計されたソフトです。複雑な操作なしで直感的にプログラムでき、完全なビジュアルショーを作成できます。照明卓、MIDIののノート、あるいはPCのキーボードでショーのコントロールが可能です。
劇場、クラブ、バー、ショッピングセンター、広告のモニター、スポーツスタジアム、ショップ、さらにはフィットネスクラブなど、さまざまな会場の小〜中規模のビデオ·インスタレーションに最適なソリューションです

ショーのプログラム

expressmode

MediaMaster Expressのシンプルなインターフェースによって、最新のダイナミックなエフェクトを適用し、簡単にビジュアルプリセットやトランジションをショー全体にプログラムすることができます。

位置、スケール、回転、透明度調整、アルファ、カラー等、メディアを総合的にコントロールできます。MediaMasterは、主要なメディアフォーマットや複数のビデオ入力をサポートしており、パラメーター制御可能な60以上のエフェクトを使用可能です

MediaMasterのメディアライブラリには、200以上のフォルダに60,000ビジュアルまで保存することができ、プログラムされたショーを再スタックすることなく、都合に合わせてファイルの移動や削除することができます。

コントロール

最大8レイヤーのビジュアルやエフェクトをミックスでき、透明性やマスキングのモードと一緒に構成が可能です 。 または大規模なプロジェクション用に各レイヤを別出力で送信することも可能です。

小さなDMXフェーダーコントロールからフルサイズの照明卓、MIDIコントローラーまたはPCのキーボードから、MediaMasterのインターフェースはそれぞれのコントローラに合った方法で柔軟にソフトウェアの設定が可能です。

ビデオ・オーディオ

ムービーファイルにオーディオトラックをミックスさせて再生することができます。DMXまたはMIDIを通じて世界の規格のオーディオボリュームコントロール機能が付属しており、コントローラーをプロフェッショナルなAVミキサーとして使用することも可能です。

また、強力なビジュアルアニメーションが作成されるオーディオ反応性のビジュアライザが付属しており、クラブやライブDJパフォーマンス、LEDのインスタレーションに最適です。

Easy LED Mapping

dc01bb1717d74f1d24ed50b7400a389e

MediaMasterは、直感的なLED Mapper 用機器に対応しており、柔軟なソフトウェアソリューションで、LEDパネルを駆動することが可能です。

マッピング·エディタを使用すると、豊富なライブラリからデバイスを選び、画面上でそれらを相互的に配置することができます。マッピング構成を編集している間、構成をArtNet上に送ることができ、LCDパネルにリアルタイムで構成をプレビュー表示することができます。(※現在は画像のみのサポートです)

マッピングに満足したら、ファイルに保存することができ、特定の構成に応じてその出力をブロードキャストするMediaMasterにインポートできます。
それに加え、ArKaosのクリングネットプロトコルと互換性のあるLED照明器具を接続すると自動的に器具自身が設定します。これ以上の複雑なセットアップはありません。尚、IPアドレスは忘れません。

素材が必要な場合

ウェブサイトからダウンロードすることができるソフトウェア・インストーラーは、はじめからいくつかのビデオループが付属しています。より高品質なものが必要な場合は、パッケージ版をお勧め致します。パッケージ版には4.1ギガバイトの高精細度と標準解像度の専用ビデオ映像のDVD-Romが付属します。

アップグレード

大きな構成で作業する必要がある場合も、心配ありません、Media Master Expressは入門編としては最適ですが、より専門的な操作をしたい場合は、Media Master Proにアップグレードすることができます。MSEX通信、完全なフィクスモード、高度なソフトエッジ·ジオメトリ補正など、より高度な専門機能が使用できます。

デモ版ダウンロード

デモ版をダウンロード可能です。今すぐソフトウェアでプレイ開始できます。

新機能搭載のMediaMaster4

改良を重ねた結果、これまで以上に新しく、より強力なバージョンとなったMediaMaster4は、豊富な新機能が搭載され、スピーディーで誰にでも簡単に使用することができます。

mediamaster-pro-big_news

新機能の特徴

  • 優れた柔軟性のためのオンライン起動と処理による新しいライセンス・システム
  • ユニークなホットスワップ性能を持つ、オプションのライセンスドングル
  • 新しく拡張された1レイヤーあたり70以上のパラメータを持つフィクスチャプロフィール
  • DMX制御可能なトリミング機能
  • グループ化した新しいビデオマッパー
  • 新しい色相/彩度/明度コントロール
  • レイヤーごとにアスペクト比コントロール可能
  • スタートポイントの再生をコントロール
  • レイヤーごとにボリュームとパンコントロール可能
  • ポーズ機能
  • メディアタイムの新しい表示とフィクスチャモードの接続期間
  • 再設計されたインターフェース

新しいライセンスシステム

簡単に複数のシナリオをサポートできるよう、ライセンスシステムを再設計しました。
新しいシステムは、マシンから別のマシンへライセンスを移動した場合、ライセンスの有効/無効を柔軟に設定できます。この起動システムは、アクティブにされたライセンスを維持するために、時折インターネットへ接続することが必要です。

www.arkaospro.comであなたの製品を登録して、インターネットに接続していないコンピュータまたはメディア・サーバーのための連続キー(.aks)をダウンロードすることも可能です

dongle-small

常にライセンスを動かしたい場合、オプションのライセンスドングルを提供します。その後、準備されたマシンを瞬時にアクティブにすることや、独自のホットスワップ機能を備えた別のマシンにショーの実行中にライブ切り替えも可能です。デモモードからアクティブモードに切り替えるライセンスドングルを接続した場合、ソフトウェアは、即座に反応します

ビデオマッパー

新しいビデオマッパーは、これまで以上に強力になり、MediaMasterからスタンドアロンディスプレイへ、複数のサーフェスへマッピングする柔軟性を提供します。ArkKaos全てのアプリケーションが速くて簡単、強力になりました。また、新しくなった高度なトリミングは、より柔軟にクリエイティブなプロジェクトを作成する手助けとなるでしょう。

The LED Mapper extension|LEDマッパーエクステンション

Media Master用LED Mapper extensionは、高価なハードウェアを使用せずにDMX信号にビデオ信号(VGAまたはDVI)を変換、LEDパネルに直接サーバのビデオ出力を構成し、マッピングを可能にします。

arkaos-led-mapper-extension-screenshot_1

ピクセルの色や強度は、メディアサーバーからパネルに直接送信されます。アートネットプロトコル(イーサネット上のDMX)を通っていますが、必要に応じて簡単なイーサネットDMXノードを使用し、標準DMX信号に変換することも可能です。
LED Mapper extensionによってMediaMasterに作成したLEDデバイスの
マッピングをインポートすることができ、一つのMedia Masterサーバーから様々なことをコントロールすることが可能です。(256DMXユニバースまで)

Mapping editor |マッピングエディター

led_mapper_b-big

マッピング·エディタを使用すると、豊富なライブラリからデバイスを選んで、画面上でそれらを相互的に配置することができます。マッピング構成を編集している間、LCDパネルにArtNetの上に送られ、リアルタイムで構成をプレビュー表示することができます。(※現在は画像のみのサポートです)マッピングに満足したら、ファイルに保存することができ、特定の構成に応じて、その出力をブロードキャストするMediaMasterにインポートできます。

e:cue BUTLER(バトラー) との互換性

led_mapper-ecue-med

バージョン1.1はe:cue BUTLER(バトラー) との互換性を導入し、e:cue butlerを利用しているLEDフィクスチャの可動が可能になりました。MediaMasterからe:cue butlerを使用する際は、ecueコントロールシステムを持つ必要はありません。
e:cue BUTLER(バトラー) は、2つのDMX出力(2つのDMXユニバース)によるDMXノードへのネットワークです。デバイスを1つ以上所有している方や、これからLED機器の購入を考えている方への新たな可能性です!

特徴

  • 高速かつ直感的なユーザインタフェース
  • 市場で最も一般的なLED照明器具用のパーソナリティ
  • 簡単なカスタムフィクスチャーデザインウィンドウ
  • RGB、RGBLのレベルや強度を電球や調光機のように表現が可能。(フィクスチャはレベルのみ)
  • 非常に柔軟で効率的なプログラミング
  • MacまたはPCで利用可能

Kling-Netについて

Kling-Netは、ピクセルコントロールのための新しいスタンダードです。LEDデバイスをプラグアンドプレイで簡単に操作できる革新的なプロトコルです。

arkaos-kling-net-01arkaos-kling-net-02

ArKaosは、距離の離れた場所に設置されたLEDやLEDパネルなどへリアルタイムで映像データの配信を可能にする、イーサネット上でのKling-Netプロトコルを設計しました。
LED照明のネットワーク使用は、ネットワークとコントロールが複雑で、高い技術や知識を必要とされるために初心者のユーザーはLED照明の使用に不安がありました。そこで、この複雑さを削除し、自動的にユーザーのマジックナンバーを処理する簡単なプロトコルに変換したのがKling-Net(クリングネット)です。

Kling-Netの目的

  • コンピュータからディスプレイ装置への自動設定および接続を可能に
  • 自動設定を可能にしたディスプレイ装置にいくつかの知能を追加します
  • 複数のディスプレイ装置の完全な時間同期を確実にします
  • ディスプレイ装置に映像を送信するための高価なビデオコンバーターを必要としません
  • 異なるメーカーのディスプレイ装置の異種ネットワークの作成が可能で、すべてをひとつのコンピューターで制御できます

更にシンプルに

Kling-Net は作動をよりシンプルにするためにメディアサーバーを使用しています。知能をLEDデバイスに加えることで、直接Media Serverと通信し、LEDデバイスが自動的に自分自身を設定します。複雑なセットアップ・プロセスは必要ありません。

自動設定

クリングネットの自動設定機能は、広い範囲のデバイスを、同じメディアサーバによって制御することを可能にし、メディアサーバーと各デバイス間でのプロファイルを合わせる面倒な作業を回避できます。

電源を入れると、LEDデバイスが検出され、解像度とピクセルフォーマットをKling-Netが自動的に設定します、その後メディアサーバーに解像度とピクセルフォーマットを読み取られ、デバイスからのパラメータを変更することができます。全部のプロセスをすばやく簡単にし、間違いの可能性を最小にします。

LEDデバイスがメディアサーバーへ登録されると、ビデオフレームの受信を開始されると同時にメディアサーバのディスプレイ上に、ユーザによってリアルタイムでマッピングされます。

Media Serverの画像切り出しは、正しいピクセルフォーマットに変換され出力しているので、ディスプレイデバイスでの必要な作業は最小限になります。そしてMedia Serverのすべての作業を、滑らかな60fpsでビデオ再生することができます。

追加知能=シンプル=経済的

表示デバイスのの自動設定を可能にするために、LEDデバイスに少々知能を追加する必要があります。小さなマイクロコントローラは、メディアサーバーとやり取りするいくつかのネットワークメッセージのサポートを実装するために使用ており、プロセッサは、メーカー向けの低コストな複製品を確保しているため、非常に安価です。

ネットワークメッセージは、メディアサーバーによって管理され、ブロードキャストまたはユニキャストメッセージとして送信されます。規定のユニキャストのトラフィック量を最適化し、レシーバの負荷を最小限に抑えます。
Kling-Netにも、メディアサーバーを自動的に再接続させる、強固なエラーリカバリがあります

Kling-Netは、専門的な技術を必要とせず、ローコストで小規模のクラブや会場で使用可能です。Kling-netプロトコルを使えば高度な制御のための高価なデバイスは必要ありません

ユニバーサルアプリケーション

Kling-Netクリングネットは、どんなメーカーのLED製品でも動作するように設計されています。ソースコードに依存して、シンプルなLEDデバイスをKling-Netデバイスに変換することが可能です。

Media MasterExpress 4 とPro 4の比較

特徴 MediaMaster Express MediaMaster Pro
レイヤー数 8 12
シアターモード
フィクスチャーモード ×
LED Mapper
Kling-Net Mapper
Video Mapper ×
ArKaos ハブ ×
ジオメトリックコレクション ベーシック 上級
ソフトエッジ ベーシック 上級

新機能の特徴

  • 各レイヤーを ArtNet / Kling-Net ビデオ出力/で個別送信が可能/
  • MPEG 2 / H 264のための新しいマルチスレッド·デコーダとより高速なフレームレート
  • MPEG-2と8K映像(8192×4320ピクセル)の高解像度

使用可能インターフェース

  • PCキーボード
  • ご使用のシステムと互換性のあるMIDIコントローラ
  • 任意のDMX照明デスク

主な特徴

  • 8つの独立したビデオレイヤー
  • わずかなDMXディマーやMIDIノートでビデオレイヤーをコントロール
  • 単一のDMXユニバース、MIDIチャンネルでの作動
  • LEDデバイスのプラグアンドプレイ設定をKling-Netでサポート
  • Kling-Netマッパーによるスプリットデバイスのサポート
  • HDムービーのために最適化された、HD出力
  • 直感的なユーザーインターフェイス
  • 60以上のエフェクト
  • 50以上のテキストアニメーション
  • オーディオビジュアライゼーションジェネレーター
  • 主要なインターフェイス上にに直接ドラッグ&ドロップで作業可能
  • FFMPEGを介したムービーのオーディオのサポート(主要フォーマットをサポート)
  • ActionScript3サポート(FlashアニメーションとFlashテキスト)
  • Quartz Composerの.qtzファイルのサポート(Mac OS Xの場合のみ)
  • 255フォルダと255ビジュアルのメディアライブラリ
  • 64セルの最大64個のパッチを使ってショーを編成
  • DMXまたはMIDIを介して数セルあたり3パラメータをコントロール
  • トリガーにオプションのフェードタイム
  • 複数のビデオ入力(PCIカードなどのFireWire DV / HDV、USB、)
  • 非常に遅い速度でもスムーズな再生が可能なフレームブレンディング
  • フレームを落とすことなく、最大60fpsで最適な再生での出力を監視するソフトウェアゲンロック
  • ソフトエッジによるマルチ画面とワイドスクリーン
  • FFMPEG0.5を介してH.264のネイティブサポート
  • すべての一般的なメディア形式(AVI、MPEG、QuickTimeMOV、フラッシュ、WMV、画像ファイルなど)をサポート
  • アルファチャンネル付きのムービーをサポート