ヒビノ株式会社出展製品紹介

機材展2018大阪会場での展示予定製品を紹介します。

JBL EON ONE

EON ONEは、背面に収められた筒状の高域用スピーカーを上面に差し込むだけですぐに使用できる、スタンドや配線いらずのオールインワンPAシステムです。1台でシステムが完結できるため、保管や運搬が容易に行えます。もちろん音質にも妥協はなく、クリアなサウンドを会場の隅々にまで届けることが可能です。

製品詳細ページ

JBL EON ONE PRO(※2018年6月上旬頃発売予定)

大容量のリチウムイオン電池を内蔵し、1回のフル充電で約6時間駆動可能。コンセントの位置に縛られずに設置が出来るため、電源の確保が難しい屋外等の環境にも、質の高いJBLサウンドを届けることができます。約5時間でフル充電が完了し、充電中の使用も可能です。

製品詳細ページ

DiGiCo  SD12

15インチのタックスクリーンを2面搭載。ひと目で全体の把握ができ、直感的に素早いオペレーションが可能です。片方をセットアップやマスター画面として使用しながら、もう一面で入力チャンネルをオペレーションする、といった使い方が可能。左右それぞれの画面で別々のオペレーターが操作するといった使い方も可能です。

ライトニングバーやエンコーダーの周囲をフルカラーLEDで彩るHTL(Hidden Till Lit) を採用。屋外でも視認性を保ち、暗い場所で輝くサーフェスは機能美を超えた美しさ。また、ダイナミクスのゲインリダクションメーターも追加。

ステルス・デジタルプロセッシングの圧倒的な処理能力は複数のオーダーも瞬時に処理。ストレスなく快適なオペレーションが可能です。サンプリングレート96kHz 標準。原音をより忠実に再現できる能力を余すところなく発揮。

1124 × 389 × 795mm、42kg の軽量コンパクトサイズ。省スペースでスムーズな設置が可能です。

製品詳細ページ

SHURE   AXT DIGITAL ADSeries

AXT DIGITAL は複雑かつ過密な現代のワイヤレス環境で確実なマイクロホン運用を実現すべく開発された、次世代のデジタル・ワイヤレス・システムです。

電波を強さだけではなく質で判断するチャンネル・クオリティー・メーター、6MHz のTV チャンネル1 つで47ch もの多チャンネル運用を実現するハイデンシティーモード、4 本のアンテナで運用エリアを飛躍的に拡大するQuadversityTM ( クワッドバーシティー) など次世代のデジタル・ワイヤレスの名に相応しい先進的な機能を獲得。

送受信機は極めて広範囲な周波数帯域をカバーしているため、ワイヤレスマイクロホンで使用する全帯域を極めて少ない機材で対応できます。

AXT DIGITAL の送信機はスタンダードモデルであるAD Series とハイエンドモデルであるADX Series で構成。この度は両シリーズ共通の受信機とAD Series 送信機を発売する運びとなりました。ADX Series 送信機は2018 年中旬に発売予定です。

製品詳細ページ

Soundcraft Ui24R

Ui24Rは、市販の端末をWi-Fiで直接接続してワイヤレスで操作する「Ui Series」の上位モデルです。2.4GHz帯に加えて混雑の少ない5.2GHz帯での接続にも対応し、通信がより途切れにくくなりました。
さらに、プリアンプの改良やアナログ入出力の増設、マルチトラックの入出力に対応するなど、音質・機能も大幅に進化しています。

製品詳細ページ

Back To Top